【京都の老舗和菓子屋を救った若女将の超才覚】京都求人.comお役立ち情報

【京都の老舗和菓子屋を救った若女将の超才覚】京都求人.comお役立ち情報 イメージ

みなさん、こんにちは!!
京都のお仕事探し専門サイト 京都求人.comです!
私、京都求人.com事務局の「かたやまん」です。
本日は、「創業200年の伝統を現代へ通用するワザに」の話題を見つけましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

毎週月曜夜7時から放送中の「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」(TBSテレビ系)。人気番組「プロ野球戦力外通告」「プロ野球選手の妻たち」を手掛けるスタッフが、夫を支える妻の姿を通して、夫婦の愛と葛藤に迫るドキュメンタリーだ。

京都に200年の歴史を持つ、老舗和菓子屋がある。その名も「亀屋良長」(かめやよしなが)。観光客に高い人気を誇るお店で、老舗には珍しく若い女性客も多い。今夜11日オンエアの主役妻は、そこで24歳から16年間にわたり女将として働いている吉村由依子(ゆいこ)さん(40)だ。

■ 超貴重!老舗和菓子屋に残された伝統の品々!

お店の3階には、200年の歴史と伝統を感じられる品々がたくさん保管される資料部屋がある。まず由依子さんが見せてくれたのはある文書。「これは江戸時代に幕府から、砂糖を使って上菓子を作ることが許されたお菓子屋さんの許可証です」(由依子さん)。

上菓子とは、当時高級品だった砂糖を使い、宮中に納めたお菓子。「亀屋良長」は江戸時代に砂糖の使用を認められていた数少ないお店だった。そして、150年前の和菓子の配合帳、つまりレシピには、明治時代に誕生し、長年このお店を支えてきた代表的な銘菓・烏羽玉の作り方も。お店で炊き上げた小豆のこしあんを丸めて寒天でコーティング。仕上げに「けしの実」を添える。

「亀屋良長」で売られている和菓子は、配合帳を元に、江戸時代からほとんど変わらぬ製法で、全て総勢10名の職人たちが手作りし、今もなお伝統の味を守り続けている。他にも200年前の和菓子の木型や、戦時中にお店に出していたメニュー表、さらに和菓子を献上する際に用いた菓子箱もある。

~続きはリンク先でご覧ください~

[東洋経済 ONLINE 9/11]

和菓子も、普段なかなか意識して食べる機会というのは無いですよね…。京都に住んでいると自然と口へと運ぶことは他の地域よりも機会が多いのかもしれませんが、お土産物とされる銘菓からは少々お値段が張るので遠ざかるのかもしれません。ふたばの豆餅も赤えんどう豆の値上げからか、もち米が高騰しているのか、徐々に餅が小さく、価格が高くなってきています…。(--;)

人気の老舗はお客様が途絶えないので、余程お客様をないがしろにするようなことをしない限りは店舗存続の危機というのもなかなか無いとはおもうのですが、老舗とはいえ京都独特の「取材お断り」「メディア露出を嫌う(夜の飲屋でもないのに一見さんお断り…w)」などの形で伝統を貫いてきた先代の店主等が居た場合には、引き継いだ世代は次世代が引き継ぐ前の世代が共に現世に生存していなかったりして、少子化の影響からか次世代の子孫へと情報が引き継がれていなかったりして経営が実際問題大変だったりするものです…。(爆裂)
しかも、職人との厚い壁があったとの事で、職人さんってのは変化を嫌いますから…。結果が出るまでの途中は本当におかみさん大変だったと、御苦労御推察申し上げます。「かたやまん」も昔は旅館の料理長に柳刀包丁突きつけられながら一方的に怒られた事が…(ここだけの話ですがwもう済んだことなんで…w)そんな状況でも間違ってない確信があったので全く動じず引かなかったので、結果的に後々、そこそこに可愛いがられましたけれどw(本当に仕事では優しくされてたwww)

リンク先の和菓子、とても京風で美味しそうな雰囲気がぎゅんぎゅんします…。いーなー。

~京都でお仕事探すなら、 京都求人.com~

お仕事検索はこちらのURLをクリックしてみてください♪
URL http://clearwork.net/