【京都の桂離宮 参観有料化へ検討進める方針】京都求人.comお役立ち情報

【京都の桂離宮 参観有料化へ検討進める方針】京都求人.comお役立ち情報 イメージ

みなさん、こんにちは!!
京都のお仕事探し専門サイト 京都求人.comです!
私、京都求人.com事務局の「かたやまん」です。
本日は、桂離参観観有用化へ…の話題を見つけましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

現在は無料で公開されている京都市の「桂離宮」について、宮内庁は施設の維持管理などのため、参観の有料化に向けた検討を進める方針を明らかにしました。

これは宮内庁の西村泰彦次長が11日の定例の記者会見で説明したものです。この中で西村次長は「京都御所」などとともに無料で一般公開されている京都市西京区の桂離宮について、参観者が多く関心も高いとしたうえで、「いろいろな修復や維持にお金もかかりますし、そうした財源を考えなければいけない」などと述べて、参観の有料化に向けた検討を進める方針を明らかにしました。

17世紀に皇族の別邸として造営された桂離宮は、回遊式の庭園が日本庭園の傑作として知られ、去年8月からは定員の枠内で予約無しでの参観もできるようになりました。

宮内庁は有料化で得られた収入を施設の維持管理や案内や警備のための費用に充てることなども念頭に検討を進めることにしていますが、有料化の時期や金額は未定だということです。

桂離宮などの皇室の関係施設をめぐっては、ことし7月、自民党の行政改革推進本部が参観者から入場料を取って、観光資源として整備する費用に充てるよう求める提言をまとめています。

[NHK NEWS WEB 9月12日 4時04分より]

皇室関係施設までもが維持管理費を確保するのに苦慮している様子ですね…。そりゃ一般庶民の我々もちょっとしたことだけで家計が火の車になるわけで…。
そんなところに重税掛けられても無い袖は振れません(--;)

昨日のニュースで大学進学係る奨学金無料制度に異議を唱える大人たちの姿を見て時代錯誤もいいところじゃないのか?と思っていたのですが、ここまで差し迫ってくると、参観の有料化もある程度ならばよいのではないかとも思うところです。
大学進学に係る奨学金無償化制度についてはそうも言っていられない状況なのでしょうか…、こちらは当事者が留年した場合に「のみ」3年目以降はペナルティで全額費用が有償になるとか、2年目は当該者のみ数年間分割払いになるような現在と同じ有料制度への自動移行など、支払い期限及びペナルティ制度をしっかりと明文化して整備すれば一般的に懸念されている大学生が大学内で奨学金を利用し続けたまま「ずっと社会に出ないかもしれない…。」などというバカげた理屈なんてのも、即論破できます。一体大人たちは何を訳の分からん事を考えているのやら…。とほほ、ホントに情けない…。
だからと言って、現在のまま無償化が進まないと次世代の若者が育ちません。

このままほうちすれば、それこそ結婚して子どもを産み育てるのが大変な社会システムだから、どんどん少子化も進むでしょうし、女性は子どもを産み育てるのが大変な社会になっている状況です。
能力は有るのに、子どもの為に仕事をやめたお母さん!少し手が離れたので、子どもの為に空いた時間を利用して働きに出て少し蓄えておいてあげたい…。とか思った時にはやっぱりこの「京都求人.com」でしょう!「扶養の範囲OK」とかで探せば…案外掘り出し物の案件が!
色々融通効いちゃいますしこういう案件こそあなたの眠っている技術や才能が光るのです♪

お仕事も本当に能力のある人は子育ての政策が優遇されている海外へと残念ながら次々に人材が流出しています…。

20年前の話なので記憶にある方も少ないのかもしれませんが…「白色LED」みたいな「世紀の大発明」をした人物をないがしろにしてしまい、そのまま【海外企業へ技術ごと流出させてしまう】などという『本当にアホな話』。あのおバカ企業の【二の舞い】だけは教訓として二度としてはならないのです…。
間もなく特許期間20年を迎えようとしており、白色LEDの期限切れになるのでそろそろお安いLED製品が出回るようになってきましたが…。(無駄な閑話休題)

皆さんも、発明に繋がるような仕事、してみませんか?そんな就職先って「京都求人.com」で見つかるといいですよね。(あるのっ!?)
研究員の補助とかならあった気がしますけど…。発明って!w
もしくは、そこのお父さんっ、お母さんっ!子育てから手が離れたので…また働こうかな?って時にも是非!

~京都でお仕事探すなら、 京都求人.com~

お仕事検索はこちらのURLをクリックしてみてください♪
URL http://clearwork.net/